アメリカ生活!ミシガン州 駐在妻のリアルな記録

2020年9月よりアメリカのミシガン州で駐在妻を始めました。英語力ゼロ×コロナ渡米のリアルな記録を今後駐在妻になる方に向けて発信したいと思い始めました。

夫のアメリカ赴任!駐在妻になるための準備(~3ヶ月前)

f:id:kiwi_0101:20210713005545p:plain

こんにちは!

アメリカに来てまもなく1年が経とうとしています。
思い返せばこの1年はあっという間でした。

初めの頃は慣れないアメリカ生活で苦痛でしたが
今は心も落ち着いて満喫しています。

ブログも更新がぐちゃぐちゃになってしまったので
改めて更新してきますのでお付き合い願います!

今回は私がアメリカに来る際に行った準備について
まとめたいと思います^^


・夫は先にアメリカ在住
・子供なし
・筆者は実家から渡米

まず初めに行ったこと

情報収集

これは1番大切なことだと思います。

わたしは先に住んでいる夫から情報を聞いたり
ネットで調べただけでした。

実際、夫の情報は男目線なので本当に欲しい情報が知れなかったり
ネットでの情報は基本的なことばかり…

オススメはInstagramなどのSNSで実際に住んでいる方などと
連絡を取って情報を聞くことです!!

駐在アカウントを作成して情報交換している方は
たくさんいるので一番知りたい情報が手に入ると思います。

また、アメリカはとても広い国です。
住む州地域によって1年中暖かい地域や
冬は極寒になる地域など様々です。

また、法律なども違うので自分が実際に住む地域の方と
コミュニケーションを取るのがいいです!

予防接種

こちらはすぐに予約を取ることをオススメします!

期間をおいて複数回、接種しないといけないワクチンもありますし
予約に時間が掛かる場合もあるので、まず初めに行った方がいいと思います。

どのワクチンを打てばいいのかは外務省の
世界の医療事情|外務省」から調べることができます。

ワクチン接種費用は会社持ちだったので
病院に行ったときに接種した方がいいものを聞いて
全部打ってもらいました。

過去に何を接種したか確認をするため
母子手帳が必要となります。

健康診断・治療

健康診断はビザ申請の際に必要になりますので
こちらも早めに受けておくといいです。

また、アメリカでは治療費が高額になります。

特に歯医者では虫歯1本治すのに数万円掛かるので
日本で検診・治療しておくことをオススメします!

パスポートの発行

当たり前ですがパスポートがないと飛行機に乗れませんし
航空チケットの発行、ビザの申請などできません。

持っていない方は早めに発行しましょう。

パスポートは苗字変更にも手数料が掛かるので
入籍前の方は入籍後に発行するといいです。

長期滞在する人はパスポートの有効期限が
1年以上でも更新することができるので
元々、パスポートをお持ちの方は有効期限を
必ず確認しておきましょう。

私は夫が先に赴任していたので残り4年でしたが
会社負担だったので10年でパスポート申請しました。

英語の勉強

入籍してから渡米まで3ヶ月間(実際はコロナの影響で8ヶ月間)
あったので会社が英会話教室を手配してくれました。

会社の規定で帯同する家族も習えるみたい!

初心者レベルだったので日常生活で必要な会話
・空港、機内
・両替所
・ホテル
・電車、バス
・観光
・買い物
・郵便局
・レストラン
・病院、薬局
を勉強しました。

住む地域にもよりますが渡米後に
ESL(英語を第二外国語としている人に向けた語学学校)に通う方や
旦那さんの通訳だけで生活している人もたくさんいます。

私も実際はほとんど夫の通訳です。

自分がどのように生活したいかにもよりますが
一人で買い物に行ったりしたい人や
お子さんがいる方は英語を覚えていた方が
生活範囲が広がります。

引越の準備

引越業者も会社が手配してくれましたが
発送日の調整と必要書類の準備は各自でした。

多忙時期だと希望の日程にできない場合もあるので
こちらも予約だけは早めにしましょう。

荷物は「船便」「航空便」「手荷物」
「実家保管」に仕分けします。

荷物のリスト表を作成して
購入するものなど事前にまとめておくと
準備しやすいと思います。

退職・休職手続

仕事をしている方で駐在妻になる方は
今の仕事を辞めることになります。

私の場合はもともと辞めたかったので
退職のいいきっかけになりました。

ただ、今の会社を辞めたくないという方は
会社によって休職制度が使える場合があります。

帰国したときに今の会社で働きたい方は
会社に確認してみましょう。

各種手続

私は渡米前は実家に住んでいたので
使用してない口座やクレジットカードの解約くらいです。

車は父親が使いたいとのことだったので
そのまま残すことにしました。

こちらについては保険、証券、賃貸など
それぞれ違うと思うので自分が契約しているものを
一度、整理しておくといいです。

まとめ

何より大切なことは情報収集です!

実際に今住んでいる方(奥様)の話が
1番役に立つと思います。

これから準備される方は参考にしてください^^